05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

入院生活 前編

2007.03.26 (Mon)

2回目の斜視の手術、無事に終わりました。
今回はバッチリ成功、とっても楽に見えるようになりました

とっても調子が良いので、さっそく2泊3日の入院生活をご紹介。
もちろん、得意な?食生活を中心に!!!

22日10時までに入院、ということで10時前に大学病院に到着。
入院の窓口に入院予定者があふれてて、番号札を取って呼ばれるまで待機。
私の札は21番。ってことは既に入院の人が20人もいるってこと!?凄っ!!!
待つこと約20分「21番でお待ちの方」と呼ばれて手続きを済ませ、
約11ヶ月ぶりの眼科病棟へ。

案内された4人部屋には既に2人入院されていました。
1人は82歳のおしゃべり好きなHさん。
こちらから聞かなくてもご自分の家族構成から病歴から次々とお話して下さいます^^;
もう1人は明日退院予定のOさん。

まず入院したらリストバンドを付けられます。
でもって、手の甲に手術する側を油性マジックで書かれます。

20070326213258.jpg


担当の看護師さんのオリエンテーションが終わった頃、最初の食事。

20070326220217.jpg


炒飯・白菜のスープ・野菜サラダ・漬物

Hさんは血圧が高くて減塩食(塩分6g)なので、白いごはんの別メニュー。
私達の炒飯が羨ましくてたまらない様子でちょっと気の毒でした。
炒飯、まぁまぁのお味でした。多すぎて完食は無理。

昼食の後で薬剤師さんが来られ、
今飲んでいる薬のことやアレルギーについての話。

続いて手術室の看護師さんが来られ、
私は心臓に持病(僧帽弁逸脱症)があるので、そのあたりの話。

院内のスタバでテイクアウトしたカフェラテでまったりコーヒーブレイクをしていたら、
16時半頃に「外来に降りて斜視の検査を受けて来てください」
これが集中してみないといけないから、なかなか疲れるんだなぁ
でも最終チェックのデータを基に明日の手術でどれだけ筋肉を動かすか決めるので、
ここは頑張って耐えなくてはなりません。
再手術のためか?いつもに増して入念な検査で1時間以上かかりました。

病棟に戻ったら大急ぎでシャワー。
手術当日は入浴できないので念入りにシャンプー

部屋に戻ったら既に夕食が届いてました。

20070326223326.jpg


魚のケチャップあんかけ・焼きビーフン・オレンジ・漬物

夕食は全部美味しくて漬物以外は完食です!!!

のんびりテレビを見ていたら、19時半頃に主治医の先生が来られて診察室へ。
診察の後、明日の手術の方法を図解で説明していただきました。

「3度目の手術の可能性がありますか?」と聞いた私に、
「100%ない!とは言い切れませんが、ないように頑張ります」
先生の言葉を信じて同意書にサインしました。

10時消灯、さすがに眠れなくて友達にメールしていたら12時。
頭痛が治らないので痛み止めを飲んだら少し眠気が・・・


                      

                      


「おはようございます!!!目薬の時間です」

実に爽やかな看護師さんの声で強制的に起床。
まだ6時です
私はまだ目薬ないので、もう少し続けて寝ます。

でも・・・おばあちゃま達はしっかり行動開始
仕方なく仕切りのカーテンを開けてご挨拶。
なんて健康的な生活なんだろう。
おかげで8時の朝ごはんが待ち遠しいのなんのって。

き、来たぁ~!!!朝ごはん!!!

20070326230920.jpg


あれっ!?寂しくない?こんなもの?

味噌汁・ブロッコリーの煮物・キーウイ・牛乳・たいみそ

手術室に入るのが11時15分頃なので朝食は半分だけ

10時過ぎ、若いフルメイクの看護師さんが点滴を持って登場。
嫌な予感がした。たいてい嫌な予感は当たるもの。
予感的中
左手に刺した点滴の針先でぐりぐりと血管を探している
痛くてガマンできず手を動かすと、「右手を見せてください」
・・・普通まず謝らない?
「左手入らないので右手にさせてください」の後に
「痛かったですね、すみません」と付け足し。

次もダメだったら絶対に他の人にしてもらうぞぉ~!!!
今まで点滴失敗されたことない普通の腕なんだぞぉ~!!!
心の中で叫び続けたのが通じたのか?今度は成功。
はぁ~疲れた・・・。

11時過ぎにさっきのフルメイク登場。
どうやら彼女が今日の手術担当らしい。
「前の手術が伸びているので12時前後になります」
相変わらず愛想がない。

12時になってフルメイクが昼食を持って来て、ラップしながら
「手術が終わったら食べてください」
結局12時半になっても何にも言って来ない。

いつになったらごはん食べられる手術始まるんだろう
さすがに苛立つ自分を抑えられなくなった12時45分、
病室の前にストレッチャーが。
「そろそろ行きましょうか」とフルメイク。
ひと言「お待たせしました」と付け加える事は出来ないの?
他の看護師さんはほとんどの人が丁寧で親切なのになぁ。
なんて愚痴言ってる場合じゃないんだけど、とっても不愉快なのだ!

そんな私を乗せてストレッチャーは手術室へ。

続きは『入院生活 後編』で。


23:55  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

くろきょんさんの手にかかると病院食でも全て美味しそうに見えちゃうんですけど… 笑
気遣いできない看護婦さんというのも微妙ですね。何というか いろんな意味で余裕が無いんでしょうね。

さてさて続きはどうなることやら。楽しみ(?)にしてます。
ぐっさん。 |  2007.03.27(火) 00:38 | URL |  【編集】

ぐっさん。*

病院の食事=まずい というイメージですが、
最近は温かいものは温かく、冷たいものは冷たく出せるように、
食器や配膳車が工夫されているんですよ(*^_^*)
味付けも結構美味しくて、なかなかGOODでした♪

気遣いできない看護師はちょっと・・・
技術の低さ以上にがっかりです。
くろきょん |  2007.03.27(火) 21:05 | URL |  【編集】

こんばんわ!
うわぁ~~針ぐりぐりは勘弁してください!って感じですね^^;

確かに・・看護婦さんの気配りや言葉一つで
不安な患者さんは気持ちの持ち方が随分違いますよね。
もちろん、お医者さんにも言えることですが。

いつも大食?(笑)のくろきょんさんには
量が少ないのでは?と思いましたが
そんなガツガツ食べないですよね。。すみません(*^^*ゞ

aya |  2007.03.27(火) 23:35 | URL |  【編集】

早く良くなってくださいね!

ねぇさんお得意の料理ネタ!
しかし、こうしてみると、病院食もすごく美味しそうだー!
とくに、白いご飯と「ふ」の味噌汁…そんな朝ごはんが大好きです(^^)
僕も二十歳くらいに怪我で入院してたとき、食事だけ(看護婦さんも少々)が楽しみだったなぁ~v-413
ryu |  2007.03.27(火) 23:58 | URL |  【編集】

ayaさん*

針ぐりぐりは、悪意さえ感じるほど。
白衣の悪魔だ~!!!

大食の私でも全く動かない入院中は量が減りますよ~!
と言いながらおやつ食べてましたっけ^^;
くろきょん |  2007.03.27(火) 23:58 | URL |  【編集】

ryuさん*

ありがとうございますv-343
まだ少し目を動かした時に痛みはありますが、
見え方はバッチリv-221めちゃくちゃ良くなりました。

病院食、美味しいですよ~♪
ryuさん、ふの味噌汁好きなんだ。
私はジャガイモとわかめの味噌汁が好き!
くろきょん |  2007.03.28(水) 00:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurokyon.blog56.fc2.com/tb.php/263-e44b0dbc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。