07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

喪中はがき

2007.11.08 (Thu)

今年最初の喪中はがきが届きました。

もうそんな時期なんだ・・・と、差出人の名前を見る。

??? 知らない。 
3人の連名になっているけど、やっぱり知らない名前。
 
???

まさか・・・

で、改めて本文を読むと・・・

2005年まで勤務していた病院で
98年4月~99年10月まで所属したICUでお世話になった
看護師長さんが3月に61歳で亡くなられていました。

初めての病棟事務で戸惑う私の強い味方が師長さんでした。

悪いことは悪い!と はっきり言えるハンサムウーマン。
でも良いことはちゃんと認めて誉めてくれる。
誰よりもきれい好きで、趣味は掃除?
山登りが好きで、いつも化粧っけのない黒い顔。
カラオケとお酒が大好き!
コレクションはテレカ数万枚!?

そんな師長さんが私は好きでした。
異動になってICUを離れても気に掛けていただきました。

定年を待たず「孫の世話でもするわ」と退職されてからも
年賀状のやりとりは続いていましたが、
今年の年賀状に気になる言葉・・・

「私も一寸病気をして人生変わってしまいました」

昨年の年末年始は私も体調が悪く、目の手術もあって自分の事で精一杯。
人の事を思いやる余裕が無かった事が悔やまれます。

あんな弱気な言葉を見ていながら
なぜ電話の一本も入れる事が出来なかったのだろう。

師長さん、ごめんなさい。
本当に ごめんなさい。

師長さんの優しさは決して忘れません。
ありがとうございました。


安らかに眠ってください。


合掌

12:37  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

こんばんは^-^
自分の体調や心の状態が落ちているときに
人のことを気にかけて思いやることは
頭ではわかっていても、心のエネルギーがいるときもありますよね。。

きっと師長さんはわかってくれていらっしゃいますよ。。
ご病気の時に前向きな気持ちを持続することの
難しさも。。
私はくろきょんさんが師長さんの分まで健康で幸せな日々を
送られることがなによりの供養になるとそう思います。^--^
aya |  2007.11.08(木) 23:18 | URL |  【編集】

ayaさん*

おはようございます。
はがきを読んでから しばらく放心状態で抜け殻のようでした。
ただただ後悔の気持ちでいっぱいで自分を責めることしかできなくて。
でもどんなに後悔しても師長さんに喜んでいただけないはず。
きっと岡山弁で「しゃんとせられー!」って叱られます。

ayaさんの言われる通り、健康で幸せな日々を送ることが何よりの供養ですね。
いつも温かいコメントをありがとうございます。
しゃんとします!!!
くろきょん |  2007.11.09(金) 07:50 | URL |  【編集】

そのころはお互いに 知らないうちに一緒に闘っていたんですよ。それはきっと分かってくれると思いますよ。
今すべきことは そのころの分までも元気に健康に生きることだと思いますよ。
ぐっさん。 |  2007.11.12(月) 00:12 | URL |  【編集】

ぐっさん。*

そうですね!共に闘っていたんですよね。
ありがとうございます。気持ちがだいぶ軽くなりました。
くろきょん |  2007.11.14(水) 18:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurokyon.blog56.fc2.com/tb.php/359-08539de8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。